立川支部のご紹介
当支部は、立川、東大和、武蔵村山、昭島の4市に事業所がある約340社の宅建業者が所属しています。

本部は、公益社団法人東京都宅地建物取引業協会(略して、「都宅協」)で約15,300社が加盟しています。この上部団体は、各都道府県の業協会が組織しており、公益社団法人全国宅地建物取引業協会連合会(略して、「全宅連」)と称して、会員総数が約100,000社という日本最大の規模となっております。
当協会は、公益社団法人という立場から公益性を鑑み、消費者の方に広く認知していただけるよういろいろな事業やイベントを行っております。また、消費者の方が、複雑かつ多様化する不動産取引を安全で安心して取引をしていただけますよう、会員業者の育成と発展を願って活動しております。
私達は、全宅連の会員として、信頼の「ハトのマーク」をシンボルに、消費者の方により円滑に不動産取引が行えるよう努力いたしておりますので、「ハトのマーク」を目印にお気軽にご利用くださますようお願い申しあげます。
シンボルマーク
ハトマーク
ハトのマーク

 このシンボルマークは、会員が目指していくべき姿の象徴です。 2羽の鳩は“会員と消費者の信頼と繁栄”を意味し、使用されている色については、赤色は「太陽」を、緑色は「大地」を、そして白色は「取引の公正」を表しています。
 また、REAL(不動産の、本当の)PARTNER(仲間、協力しあう)は、会員と消費者がREAL PARTNERとなり「信頼の絆」がはぐくまれるような願いがこめられています。

支部の事業
当支部では、会員の中から選出した支部長を筆頭に幹事26名、定期的に役員会を開催し、
その中で11の委員会を設け、主に下記の様な事業を行い支部を運営しています。
  • ・一般消費者を対象に不動産無料相談所を開設し、また、市民を対象にした不動産市民相談室への出向
  • ・会員・従業員の資質の向上を図るための研修会の実施・情報交換
  • ・会員の福利厚生のためのイベントの開催や共済制度の導入
  • ・会員の宅建業法や関係法令の周知と厳専するための指導・告知
  • ・不動産流通の近代化や市場の透明化を促進する
  • ・東京都地価図作成の協力
  • ・会員の増強

公益社団法人東京都宅地建物取引業協会 立川支部

所先地:

 〒190-0012 東京都立川市曙町2丁目32番2号 7F-B

電話:042-548-1251

FAX :042-523-3223

立川支部 案内図
支部組織図 支部組織図

平成28・29年度支部組織

役員(幹事 26名)
支部長 永井 彰
第一副支部長 小山善治
副支部長 小林 守
幹事長 長坂博隆
副幹事長 久住俊夫
幹事 横山勇人・松永民生・田中康弘
益子悦雄・宮﨑昭人・宮谷祐介・二本松亮・東條真由美
菅谷康久・乙幡 昇・髙橋欣尚・鈴木雄一郎
豊泉 俊・三浦 哲・宮﨑洋平
阿部太郎・近藤勝義・髙橋龍治・松永元明
立川南ブロック長 横山勇人
立川北ブロック長 益子悦雄
東大和ブロック長 菅谷康久
武蔵村山ブロック長 豊泉 俊
昭島ブロック長 阿部太郎
監査役 西野進介・小林紀久雄
顧問 中山廣志・佐藤義弘
相談役 山田修平・福本行廣
参与 斉藤福次・園田滋夫・小松 茂・鈴木健造・原田雅幸

委員会構成

総務委員会 委員長 宮﨑昭人 副委員長 松永元明
 厚生部会 部長 乙幡 昇 副部長 東條真由美 部員 高橋欣尚・宮﨑洋平
財務委員会 委員長 阿部太郎 副委員長
組織委員会 委員長 三浦 哲 副委員長 松永民生
情報委員会 委員長 益子悦雄 副委員長 近藤勝義
 広報部会 部長 二本松亮 副部長 鈴木雄一郎
研修委員会 委員長 菅谷康久 副委員長 宮谷祐介
消費者保護推進委員会 委員長 豊泉 俊 副委員長 髙橋龍治
社会貢献委員会 委員長 横山勇人 副委員長 田中康弘
レディース部会 部長 東條真由美
青年部会 部長 松永元明